View on GitHub

Wiki

Azure Sphere MT3620 開発キット

Azure Sphereは、Azure Sphere MCU、Azure Sphere OS、および Azure Sphere Security Service を三位一体で提供することで、セキュリティに対する開発リソースやコストをかけずにインテリジェントな製品とエクスペリエンスを実現することができます。

MT3620開発キット(Azure Sphere MT3620 Development Kit)は、Azure Sphereに対応したMT3620の開発ボードです。

enter image description here

Azure Sphere MT3620開発キットは、開発者がAzure Sphereを体験し、手早くプロトタイプをすることができるように設計されました。MT3620は、初のAzure Sphere認証MCUです。MT3620には、3つのユーザーアクセス可能なマイクロコントローラーのコア、1つのArm Cortex-A7と2つの汎用のArm Cortex-M4 with FPUコアを備えています。MT3620は、GPIO, UART, I2C, SPI, I2S, PWM, ADCといった多岐にわたるオンチップのペリフェラルに接続したときのリアルタイム要求をサポートするよう設計されています。また、デュアルバンド802.11 b/g/n無線LANに加えて、セキュアブートとセキュアなシステムオペレーションのための統合された専用のCM4Fコアによるセキュリティサブシステムも備えています。

現時点でのAzure Sphereソフトウェアリリースは、全てのMT3620のハードウェア機能をサポートしていない点にご注意ください。Arm Cortex-M4Fコアといくつかのペリフェラル(ADC, I2C, I2S, PWM and SPI)、 Wi-Fi 802.11a、RTCなどが未サポートです。ADCとI2Cについては、UARTとI2CやADCをブリッジするMT3620 Grove Shield boardを併用することで制限を回避することも可能です。

MT3620開発キットは、MT3620のハードウェア資源の多くを拡張ピンヘッダに接続しています。ブレッドボードに配線したり、拡張ボード(シールド)を追加することで、ユーザーは手軽にその他のハードウェアアクセサリに接続することができます。

Azure SphereオペレーティングシステムはMT3620にプリインストールされており、Azure Sphereセキュリティサービスと共にセキュアなIoTプラットフォームとして動作するように設計されています。主な機能は次の通りです。

MT3620のソフトウェア開発には、Microsoft Visual Studio IDEを使用します。

機能

Azure Sphereのはじめかた

MT3620開発ボードを使用するには、最新のWindows Update適用済みのWindows 10 PCに加えて、Visual StudioとAzure Sphere SDKが必要です。

現在のところ、Azure Sphereのドキュメントは英文でのみ提供されています。

デバイスのクレーム実行時のエラー

デバイスのクレームを実行時に下記のエラーが起きた場合、 Microsoftのフォーラムの英文記事にあるAnswersを参照してください。

C:\Users\Seeed05\Documents>azsphere device claim
error: The Azure Sphere OS on the attached device requires an update to be used with this version of the SDK.
Diagnostic info: [1.2.0, 3]
error: Failed to retrieve device ID from attached device: 'The Azure Sphere OS on the attached device requires an update to be used with this version of the SDK.
Diagnostic info: [1.2.0, 3]'.
error: Command failed in 00:00:00.9187758.

制限事項

現在のところ、Azure Sphereのソフトウェアリリースは、MT3620の全てのハードウェア機能をサポートしていません。例えば、下記の機能は未サポートです。

詳細は、Information and tools for hardware design and manufactureを参照下さい。

スペック

ハードウェア


MCU
Arm Cortex-A7コア @500MHz x1, 4MB RAM
Arm Cortex-M4コア @200MHz x2, 64KB RAM




ISU
以下に設定可能な「ISU」シリアルインターフェース x4
  - 最大1MHzのI2C
  - 最大40MHzのSPI
  - 最大3MbpsのUART
ISUはシリアル通信インターフェースです。
コネクティビティ 2.4/5GHz dual-band 802.11 b/g/n Wi-Fi
I2S I2S(スレーブとTDMスレーブモードをサポート) x1
ADC 12ビットADC入力 x4
RTC RTC (CR2032 3Vバッテリーホルダ) x1
USB Micro USBポート(デバッグ兼5V/1A電源用)x1
DCジャック 5V/1A DC電源ジャック x1
動作温度範囲 -40~85°C
サイズ L:85mm x W:50mm x H:16mm
認証 CE / FCC / MIC / RoHS

ソフトウェア

IDE Visual Studio
システム Windows10
開発言語 C

ハードウェアの概要

ボードについて

ピン配置

Dimensions

電源

MT3620開発ボードへの電源供給は、オンボードのUSB Micro Bコネクタまたは、DCコネクタと想定されています。

取り扱い

同梱品 Azure Sphere MT3620開発キットのパッケージには、Azure Sphere MT3620開発キットとMicro B USB ケーブルが入っています。

ESD Precautions Azure Sphere MT3620開発キットには、静電気の放電に敏感なデバイスが含まれています。静電気の放電によってこれらの装置が損傷するのを防ぐために必要な予防措置を採ってください。

認証

資料

テクニカルサポート

テクニカルな問題については、私たちのフォーラム(英語のみ)に投稿してください。

MT3620 Grove Shield

現状、Azure Sphere SDKはMT3620のADCやI2Cをサポートしていません。このシールドは、MT3620のUARTと、I2C温度センサなど外部のI2Cデバイスとのブリッジの役割をします。このシールドの基本的な機能は、外部のI2Cデバイスとの接続を可能にすることです。また、ADCも搭載していますので、アナログポートからアナログ値の読み取りも可能です。

MT3620 Grove Shieldには、AD7992(Anlog to I2C)とSC18IM700(I2C to UART)の2つのチップが搭載されています。アナログ信号はAD7992で読まれ、そしてSC18IM700を経由して開発ボードのUARTに接続されます。I2Cセンサは、同様にSC18IM700を通じて開発ボードのUARTに接続されます。

AD7992は12ビットの低消費電力な I2Cコンパチブルのシリアル・インターフェースを備えたA/Dコンバーターです。A0とA1ピンの信号をI2Cデータに変換します。

SC18IM700は、マイコンの標準的なUARTポートとI2Cバスをインターフェースするために設計されました。SDA/SCL信号をGPIO26_TXD0とGPIO28_RXD0との通信に変換します。

MT3620 Grove Shield Hardware Overview